住宅情報満載・家づくり応援サイト

moreplan info@moreplan.jp

HOME > 無垢材の含水率にこだわる


無垢材とは
無垢材とは科学物質を使用していない、自然の木に近い素材です。
その安全なはずの無垢材も遣い方を誤るとあらゆる弊害が。
木そのものを使用するからこそ、正しい知識が必要です。
安心できる無垢材の決めては「乾燥」にありました。


天然無垢材は十分乾燥を

昔から木造で家を建てる大工は、何年間も材料を干し木を充分に乾燥させて使っていました。

木は乾燥すると 収縮やねじれ、反りなどの変形を起こし ます。使う 前に良く乾燥しきればねじれや反りなどは抑えられるのです。

昔の住宅は、襖や障子だけで仕切られていたので、外で乾燥した程度の木材でも対応できました。

しかし、 現代の住宅は建築期間も短く、高気密・高断熱 と密閉され、冷暖房の性能も上がっています。
このような状況に、乾燥していない「グリン材」はもちろん、 昔ながらの乾燥で、まだ水分の入った「AD材」を対応させるのは限界 があるようです。

冷暖房を使用する室内とのバランスを図る数値を「室内平衡含水率」といいます。建材として安心して使用できるその数値は5~10%。
これを実現するには高度な乾燥技術が求められてきます。
一般には無垢材は手間やコストがかかるため割高になるというのは、このあたりにも関係してきます。
しかし、せっかくのマイホーム。建てる側にすればさまざまな不安を抱えるニセモノの木よりも、安心できる「本物の木」を使いたいと考えるのは人として当然のことでしょう。しかし「本物の木は高いから…」とあきらめてしまう人も多いのではないでしょうか。
実は、そこであきらめる必要はありません。本物の木でありながら従来の常識を破る低コストの木材が存在するのです。

・ドライキューピット
その乾燥技術によって生み出される『ドライキューピット』は5~10%の室内平衡含水率を実現し、収縮や変形のない高品質な構造材・内装材として使用できます。すなわち、長年にわたって安心して暮らせる住まいを実現するための”理想の乾燥無垢材”がまさにこの『ドライキューピット』なのです。

・ドライビーム
ドライ・ビームとは、木造住宅用の米松構造用乾燥材のことを言います。乾燥技術の向上により、含水率平均は15%を実現しました。1本1本につき強度検査を行われる為、安心の品質です。 そのドライビームを、梁・桁に使うことにより、 長期間安定した構造を保持し、地震にも強い住まいを提供します。無垢材ならではの風合いを持ち、ノンホルマリンなので健康住宅に最適の部材といえます。

・ミズダス15
「ミズダス」は、乾燥中の木材の乾燥状態を管理しながら低コストで効率的に高品質の乾燥材に仕上げる高温乾燥システムです。このシステムは、木材の中心部まで乾燥できるため寸法精度が高く、短時間で含水率15%以下の高品質乾燥材をつくります。
含水率15%とは、大気の湿気とバランスの取れた状態で、木材が最も安定した状態になります。

モアプランでは、上記3種、含水率15%以下の高品質な乾燥無垢材を使用しています。


乾燥が不十分だと・・・
木の収縮やねじれ、反りなどの変形が起こす、住宅の不具合。

建て付け不良
サッシや建具を止めている木材が収縮・変形し、建具などの枠材に影響。戸が開かなくなったりします。
床の凸凹
床が収縮・変形を起こし、床に凸凹が発生。つまづきやすくなって危険です。
床鳴り
床板が収縮・変形したのに、それを止めているビスやボンドに押さえ付けられるため、あちこちで床鳴りやきしみが起きます。
床や壁からすきま風
骨組みや床材が収縮・変形すると隙間ができます。冬は冷たい空気が入り込み、部屋が温まりません。




一番怖い「内部結露」

目に見える部分ならば、補修や修繕も比較的簡単にすみます。しかし、乾燥していない木を使ったことで起きる一番こわい結果は、 壁の中で起こる「内部結露」 ではないでしょうか。

乾燥が不十分な木材だと室内の暖気と屋外の冷気が壁の中で混ざり合って結露を起こします。結露からは恐ろしい連鎖が発生 します。

結露→ カビ の発生→木を腐らせる 「腐朽菌」 を呼ぶ→土台や柱が 腐り 断熱材は水分によって 縮んだまま戻らない →室内は温まらず、人によってはアレルギーを起こしてしまいます。
壁の中で起きた結露からカビが大量発生。さらに木を腐らせる腐朽菌も!? 腐朽菌によって家の骨組みが腐ると、住宅が倒壊する危険にさらされます! グラスウールなど綿状の断熱材は湿気を含んで縮んでしまうと、もちろん断熱性能も下がります。

現在、建築に使われている木材は、上記のような現象が起こりうる状態の木材を使用しているところが多いのが現状です。
私たちは、事前にこのような状態が起きないように充分乾燥させた木材を使用しています。

そして実は、乾燥材って肌触りもとてもいいんですよ!
気になる方は、広田店ショップのショールーム、またはモアプランのモデルハウスにて是非体感してみてください!




----Contents----

  Information

素材について

事例を知ろう



HOME│会社概要プライバシーポリシーサイトマップ│資料請求・お問合せ

Copyright c moreplan. All Rights Reserved.