住宅情報満載・家づくり応援サイト

moreplan info@moreplan.jp

HOME > 本当は怖い結露の話し


 素材について

┣ダブル断熱システム
┣外断熱フォルテ
┣断熱ファイバーエース
┣含水率
┗本当は怖い結露の話



結露ってなに?

夏、冷たい飲み物を入れた容器を置いておくと、容器の周りにたくさんの水滴がつきます。この水滴がつく現象を「結露」といいます。
結露は空気中に含まれている水分が建物の内部や壁面、窓ガラスなどの冷たいものに触れたときに液化する現象です。
結露には、窓廻りなど目に見えるところで起きる結露(表面結露)と、建物の内部など目に見えない場所で起こる結露(内部結露)があります。実は、この目には見えない場所で起こる内部結露が、家を弱くする原因となります。

結露=水滴
普通の容器 魔法瓶

数時間後、氷が解けて、鬢の周りには水滴がたくさん 数時間後、凍りもそのまま水滴もありません
表面結露 内部結露
夏に冷たい飲物の入ったグラスの表面に水滴がついたり、冬に窓ガラスに水滴がついたりする現象。

壁の中や床の中がジトジトとしける現象。建物の内部で起こるので気づかないことが多い。

▲ ページトップへ戻る


家に悪影響を及ぼす内部結露

目に見えないところで起こる内部結露は、建物を支える柱などを腐らせ、建物の強度を弱くします。また結露が起きると、カビやダニの発生を助長し、アレルギーやアトピーなどの健康被害が発生する可能性が高くなります。

目に見える結露に対しては解決策を見出すことはできますが、見えないところで起こる結露に対しては、解決策を見出すどころか、結露が起こっていることさえ気づいていないのが現状です。

この内部結露を気づかないまま放っておいては危険です。カビ・ダニの発生しやすく、崩れやすい不安な家になってしまいます。では、大切なマイホームを内部結露から守るためにはどうしたら良いのでしょうか?




▲ ページトップへ戻る


内部結露を防ぐダブル断熱

内部結露を防ぐには、建物自体の断熱性を高めることが効果的です。
断熱性を高めることで、建物の内外での温度差を少なくできるので、結露が起こりにくくなります。

断熱性を高めるには、断熱サッシを使う、外断熱工法にする、内断熱にするなど、様々な方法がありますが、モアプランでは、外断熱と内断熱をあわせた「ダブル断熱」を採用しています。

外断熱には、一般的な外断熱に比べコストが安く、断熱性が高い、発砲スチロールの一種を使用したドイツ発祥の「フォルテウォール」を使用しています。
フォルテウォールは、外部からの水の侵入を防ぎ、室内と室外の熱の移動を少なくし、結露を防止します。

また内断熱に使用する「ファイバーエース」は、湿気を吸収し放出する調湿性があるので、結露から家を守り、住まいの寿命を長くします。
グラスウールなどの内断熱材を使用すると、壁の中で結露が発生し、汚れやカビの原因となるだけではなく、構造が腐り、住宅の寿命を短くします。

この、フォルテウォールとファイバーエース、そして乾燥率の高い無垢材の3つの力で、魔法瓶のように結露の起きにくい長持ちな家をつくるのです。





▲ ページトップへ戻る



----Contents----

  Information

素材について

事例を知ろう



HOME│会社概要プライバシーポリシーサイトマップ│資料請求・お問合せ

Copyright c moreplan. All Rights Reserved.